思い出は時間とともに過ぎ去ってゆく

日曜日は一日妻と過ごすつもりだったので、のんびり朝昼ご飯食べたり、おやつ食べたり。

上野まで歩いて行ったことがない、ということで、花見がてら東大本郷キャンパスの裏手からてくてく。実は東大から上野公園までは歩いて5分くらい(一番近い門から出て、だけど)で、上野駅まで歩いても20分かからないのである。自分もときどき本郷から帰るとき裏手を歩いて国立西洋美術館に寄ったりしてぶらぶらしていたので、この界隈は好きなのであった。

上野動物園の間を突っ切って上野公園(正確には上野恩賜公園)へ。不忍池のあたりは出店も出ていたりして、賑わっている。桜が見事なので、花見客が来ているようである。そういえば前上野に花見に来たことがあったような? と思って調べてみると、6年前に来ていたようである。あのころは東大Finkチームを結成して新入生のためにひたすらパッケージを書いていたころであったか。当時は国立国語研でもプログラミングのアルバイトをしていて(それが縁で自然言語処理という分野を知り、いまにつながるわけだが)、フルでお手伝いできなかったのが悔やまれる。しかしみなさんものすごくがんばってくれた。現在Macを一斉導入する大学はFinkではなくMacPortsを使うことが多いようだ、とktanaka先生から先日お伺いしたのだが、Finkのほうはすでに必要なパッケージが揃っていてほとんど更新がなされないので、アクティブに見えないのが災いしているのではないかという気はする。Google Trend で Fink と MacPorts を比較しても、MacPorts が多いのは日本特有の現象のようにも見えるし。
上野公園の入り口のしだれ桜も見事。6時くらいに暗くなってしまうので少ししか見られなかったが、夕方になるとライトアップも始まるので、それはそれでいいものである。

流れで上野駅まで歩いて行く。上野駅南口に巨大なヨドバシカメラができた(秋葉原にもあるが)ので、電化製品の買い物であれば妙なところには行かないでここに来ればいいのに、と思ったり。そういえば、西武新宿南口前は工事が終わっていて渋谷のハチ公前のようになっていて、びっくりした。さくらやは潰れてしまったし、小学生のころはビデオやテレビを買うといえば新宿のヨドバシカメラに来たものだったので、入れ替えが激しくて目眩がしそうである(最近は新宿でもポイントカードの関係でもっぱらビックカメラに行っているが)。
そういえば前このあたりに映画館あったような、と思ったら、映画館もどうやら改装中みたい。

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

を見にきたことがあったように思う。あれももう10年前か! 思い出の町並みもどんどん変わっていくものだし、記憶と全然違う町になっていると、世の中は前に進んでいるのだな、と少し元気になれる。東京のこういうところが好きな人もいるのかも、と思ったりもする。先日ゆうちゃんから「徳島は閉店率全国No.1ですよ」と聞いてびびったが、あのさびれっぷりは同意せざるをえない……。新しい店が入るならまだ分かるのだが、シャッターが下りたままどんどん店が潰れて行くのを目の当たりにすると、この町は静かに終わって行くのかな、と心配になるのであった。

帰りは上野 しのばず屋 切麦庵というところにふらっと入ったのだが、意外によかった。日本酒もおいしいし、もつ鍋(+うどん)が絶品。アトレの中にKALDIがあるらしいので行ってみたり(NAIST 周辺に何個か KALDI があるので妻が好きなのであった)、マルイシティの中の無印で引っ越し先に入れたい家具を眺めてスタバでお茶したりして帰ってくる。家具を買うのはいいのだが、ボーナスが出てから少しずつ買うしかないかなー(4月以降の収支を計算したら、割と厳しいみたいなので……)